「カジノ・ゾンビbet or dead」という映画があり、評価はそれほど高くありませんが、いわゆるゾンビ映画のテンプレ、王道パターンとなっていて好きな人には魅力的な作品です。冷静に見ているとつっこみどころ満載なところもある意味では楽しく、舞台がちょっと変わっているのも物珍しさがあります。タイトル通り世界有数のカジノ・シティで、登場人物もディーラーやウェイトレスなど関連施設で働いているのが特徴です。タイトルの「bet or dead」というのも、まさに人生とギャンブルをかけてるようで意味深になっています。こちらの映画はゾンビ好きには一度は見てもらいたく、また見終わった後にはカジノでゲームをプレイしたくなるかもしれません。その時にはオンラインがよく、誰でも簡単にプレイできます。

IT技術が進化していき、インターネットが誕生してすぐ全世界に広がっていき、今はなければ困るものとなっています。情報収集をはじめ、ショッピングやチケットの手配、宿の予約など、さまざまなサービスを自宅や任意の場所から利用することができるのは便利です。さらに娯楽性も高くなっていて、オンラインゲームは他者とのコミュニケーションが可能となり、従来のコンピューターゲームの概念を変えました。他にも馬券や宝くじの購入、株やFXの取引きによって利益を得る、さらにオンライン上のカジノでお金をかけてプレイすることができます。ゲームに勝利すればレートに応じて儲けが大きくなり、利益を得ることができるのは魅力的です。日本の法律でもオンラインがグレーゾーンで、今のところ大きな問題にはなっていません。

「カジノ・ゾンビbet or dead」を観た後に影響を受けて勝負を挑みたくなった、そういった気持ちでゲームをプレイすることがあります。この時に無料プレイで遊ぶのは問題ありませんが、金銭を賭ける時には注意が必要です。儲けるためには勝たなければいけなく、そのためには負けるリスクを減らすことが必要になります。世の中には絶対に勝てる方法は存在していなく、勝負は時の運というのが正しいところです。ただ負けるリスクを減らし、勝率をあげることはできるので試してください。そのためには事前に勝ちやすい方法をチェックすること、冷静に見極めることが必要となり、何となくプレイしようという気持ちでは負ける可能性が高いです。映画を見て影響を受けた時は、ひと呼吸おいて冷静になる、そのうえでプレイすると失敗しないですみます。