カジノのゲームとして昔から非常に高い人気を誇っているのがブラックジャックです。
同じテーブルにいるメンバーおよびディーラーのなかで、ディーラーから配られるカードの合計が21に近い人が勝つというシンプルなルールでありながらスプリットやインシュランスといったルールがあることで高い戦略性を持つゲームなのです。このブラックジャックというゲームは闇雲に21を目指してもなかなか勝てません。ディーラーから配られるカードはランダムであり、21に近づけようと欲をかきすぎると大きい数字のカードが来て22以上になってしまうということがあるからです。ブラックジャックに興味のある方はこちらもチェック!【徹底解説】ジパングカジノの登録から入出金、評判、口コミ、遊び方まで!  24時間日本語対応で安心です!

実はブラックジャックには勝利の確率を高められる攻略法があります。それがカードカウンティングで、ディーラーから配られたカードの数字を数え続け、まだ配られていないカードを予想して自分にとって良いカードが配られるタイミングで掛け金を増やして勝つというものです。この攻略法は確率論であり、確実にカードをカウントすることができれば自分の手元に来るカードが21に近づくタイミングが分かるようになります。

しかし、カードカウンティングは実行することが非常に難しい攻略法です。まず、自分だけでなくテーブル全体の配られたカードを見てすぐに計算を行いつつ配られていないカードを常に推測し続けなければなりません。通常ブラックジャックでは複数のデックが使われ、デック数が増えれば増えるほど計算が難しくなります。加えて、計算結果から自分の掛け金をコントロールすることは相当な鍛練を必要とします。また、プレイヤーがテーブルのカードを常に見ているため視線移動が激しくなり、カジノ側のカウンティングを行っていることが発覚すると退店を申し渡されることもあるのです。