人によってギャンブルへの印象というのは全く異なっています。世界のほとんどの国ではカジノが合法的に運営されていますが、日本人がそれを見ても、プラスとマイナスの両方のイメージを持つのが通例です。好印象なものとしては、豪華絢爛、高級、VIP、紳士淑女の社交場などといったものがあります。反対に悪い印象としては、ギャンブル依存症の増殖、治安悪化、借金、睡眠不足などといったものがあります。いずれにしても、日本国内では実際に体験できるものではありませんので、もし自分自身がプレイをしたいのであれば、海外に行ってそこで楽しむしかありません。現に、カジノ遊びを行程の中に組み込んだ海外旅行のプランを提供している旅行会社は多く、それに申し込んで海外旅行に出かける人は少なくありません。$を賭けてのプレイにエキサイティングな楽しさを求めている人は多いです。

現在、世界の約140ヵ国でカジノは法律によって認められた施設として正規に運営されています。主要国首脳会議G8を構成しているメンバーの中では、日本だけが非合法の存在となっています。確かに、一般の日本人が持っているカジノに対するイメージには、必ずしもポジティブなものばかりではないようですが、もし本当にネガティブな印象だけの場であるとしたら、諸外国ではここまで広がることはなかったに違いありません。世界の大半の国、とりわけ先進国と呼ばれている国のほぼすべてでカジノが導入されているのは、多くのメリットを持っているからにほかなりません。確かに、いっときはギャンブル施設を暴力団が支配下に収めて、ときには襲撃事件を起こしたこともありました。また、ギャンブルにのめり込んだ客が$を使い過ぎたあまり、全財産をつぎ込んで一文無しになったという事例もあったのは事実です。

こういった偶発的な例を取り上げ、IR推進に反対する声もありますが、貢献度の側面も大きいことを考えなければなりません。治安が万全ではないアフリカの諸国でも、カジノ設置を認めているところが多いです。これは、観光客を誘致するための仕掛けとして実施されているものです。海外からの観光客を増やして、お金をどんどん使ってもらうことによって、地域経済を豊かにしようとの発想から、ギャンブル施設を設置しているのです。単に運営業者が収益を上げるだけでなしに、周辺のホテルや商店も消費が増えることに貢献します。その結果、税収も増えますので、国民の生活が快適になることにも役立ちます。このような経済面でのメリットがあまりにも多いところから、裕福ではない国でもカジノを運営している事実があります。だからといって、カジノができたから犯罪率が高くなったとか、依存症がさらに増殖したことを示す報告は出ていません。