カジノといえば、サイコロを使用したダイスゲームが有名です。単純にサイコロを転がすだけなので、ルールも非常に覚えやすく、初心者でも気軽に楽しむ事ができるというメリットがあります。ですが、一言でダイスゲームと言いましても、いくつか種類がありますので、各々のルールをきちんと把握しておきましょう。そうすれば、実際にカジノに行った時に、遊び方が解らなくて戸惑うこともなく、スムーズにゲームを楽しむ事が出来るでしょう。
有名なダイスゲームに、クラップスというのがあります。これは、投げ手の人がサイコロを2個転がして、出た目によって勝敗を決めるものです。2個のサイコロの合計が7と11であれば、投げ手が勝利になります。2と3と12が出た場合には、投げ手が負けとなります。それ以外の数字が出た場合には、数字が出るまで続いていきます。投げ手が勝つか負けるかを賭けるものです。

サイコロを3個同時にふって、小か大かを当てるダイスゲームを、大小・シックボーと言います。これは、サイコロ版のバカラとも言われており、カジノでも有名です。サイコロを転がした時に出た目が、4〜10の場合が小で11〜17の場合が大となります。賭け手は、小か大かを当てるのが基本ルールとなりますが、他にも賭け方がいくつかあるのが特徴です。
カジノ初心者の人は、いきなり色んなルールを織り込んでしまいますと、混乱をする可能性がありますので、まずはシンプルに小か大のみを賭けるところから始める事をおすすめします。当然ですが、配当金は、出る確率が低くなるほど価格が大きくなりますので、ある程度慣れてきましたら、チェックをしてみると良いでしょう。非常にシンプルではありますが、奥が深いのでハマる人も沢山います。

また、サイコロを使ったカジノゲームは、何個のサイコロを使うかによって、出た目の確立を求められる事からも、慣れてくると色んな計算を楽しみながら賭けることが出来るようになります。ルーレットとは異なり、サイコロは完全に密封された機械容器の中に入って、機械によりシャッフルされますので、見えない所でどんな数字になっているのかを楽しむ事が出来ます。ちなみにネットでもカジノができるので、早速サイコロゲームを試してみましょう。ネットカジノを探すときはこのオンラインカジノランキングを見るといいかもしれません。
大小・シックボーと基本ルールは一緒で、サイコロの目が魚の柄になっているマカオダイスもありますが、エビやカニの絵柄が可愛いという事で、こちらも大変人気があります。初心者でも気軽に楽しむ事ができるダイスゲームは、小難しいルールを考える必要もありません。海外旅行に行ったら、一度はカジノに行ってみたいと考えている人は、是非一度プレイしてみましょう。