カジノにあるゲームの中の1つに、大小と呼ばれるゲームが存在しています。一般的にはシックボーと呼ばれており、アメリカやヨーロッパではあまり馴染みはありませんが、アジアでは非常に人気が高いゲームとなっています。基本的なルールとしては、3つのサイコロが同時に投げられて、その出目を当てるゲームとなっています。とてもシンプルで簡単なルールとなっているので、特に初心者の人にはかなりオススメすることができます。大小という名前から、サイコロの出目が大きいか小さいかを当てるのが基本とはなりますが、それ以外にも様々な賭け方がありますし、大きな配当を狙える賭式もあります。特に知識がなくても問題なくプレイすることはできますが、できればカジノで遊ぶ前に最低限のルールは覚えるようにしたいところです。こちらの記事も人気記事です。【徹底解説】ネットベットカジノの登録から入出金、評判、口コミ、遊び方まで!  大小以外のゲームにも興味のある方は参考にしてくださいね。

大小には色々な賭式がありますが、最もオーソドックスなのは決められた出目よりも小さいか大きいかを当てる賭け方です。出目の合計が10以下なら小、11以上なら大となり、配当は2倍となります。ただし、ゾロ目が出た場合にはハズレとなってしまうので、実際の勝率は50%よりも下回ることになります。次に、シングルストレートナンバーという賭式があり、こちらは選んだ数字が1つでも入っていれば2倍の配当となり、2つ入っていれば3倍、そしてゾロ目なら4倍の配当を得られます。そして、選んだ数字が2つゾロ目になるダブル、どれからの数字が3つゾロ目になるエニートリプル、そして選んだ数字が3つゾロ目になるトリプルという賭式もあり、配当はそれぞれ11倍と30倍と180倍になります。あとは、4から17までの合計数字を当てる賭式があり、こちらは6倍から60倍の配当となっています。

ベラジョンカジノの大小には色々な賭け方がありますし、シンプルでありながら非常に奥が深いゲームとなっています。堅実な方法で賭けるか、それとも一発大きな配当を狙うかは、プレイヤーの考え方次第となっています。ただ、1つ注意しなければいけないのが、カジノのゲームの中でも大小はそこまで還元率は高いとは言えません。また、カードゲームと違って攻略法やテクニックもほとんどなく、基本的には運による勝負となります。したがって、還元率の高さを重視する人や、純粋に勝ちを目指す目的でプレイする人にとっては、そこまでオススメできるゲームとは言い難いです。あくまでも、初心者がカジノに慣れる目的や、他のゲームの気分転換として遊んだり、勝ち負けを気にせず楽しむ目的でプレイするのがいいでしょう。